News

『時と風景~未来をつなぐコレクション』展(滋賀県立近代美術館)出品

  • 2016/04/25

この展覧会は、滋賀県立近代美術館所蔵のコレクションの中から選りすぐった現代美術作品を中心に、20世紀以降、作家たちがどのようにこうしたテーマを捉えたかを豊かな作品の数々を通して示す展覧会です。私は4点の油彩画が展示されています。他には荒川修作、福岡道雄、宮島達男、佐川晃司、野村仁など。

2016年4月23日(土)~6月26日(日)
主催:滋賀県立近代美術館、京都新聞

『いま知りたい、私たちの現代アート』展(高松市美術館)出品

『いま知りたい、私たちの現代アート』展(高松市美術館)出品

  • 2016/03/26

リニューアルオープンを記念し、質・量ともに日本屈指となった日本の現代美術のコレクションから作品110点を精選して紹介する展覧会。私は「水辺33」を出品。他には、森村泰昌、草間彌生、岡本太郎、藤本由紀夫、船越桂、など。

会期:2016年3月26日(土)~4月17日(日)
主催:高松市美術館 瀬戸内国際芸術祭2016連携事業

京都新聞『びわこの学校』に記事掲載

京都新聞『びわこの学校』に記事掲載

  • 2015/11/30

2015年11月12日付、京都新聞『びわこの学校』に記事が掲載されました。執筆は国貞仁志氏。アトリエに訪問いただき丁寧な取材をしていただきました。やさしい言葉で作品の魅力を伝えてくれています。

軽井沢ニューアートミュージアムにて個展開催

軽井沢ニューアートミュージアムにて個展開催

  • 2015/09/21

軽井沢ニューアートミュージアム・ギャラリー3にて個展を開催いたします。軽井沢ニューアートミュージアムは、ホワイトストーンアートファウンデーションが運営するJR軽井沢駅から程近い場所にある美術館です。初出の新作「水辺72」「水辺73」を中心として、近作を織り交ぜて展示します。睡蓮を描いた小品も披露します。是非お出でください。

2015年9月30日(水)~10月26日(月)
Open:10:00~17:00 入場無料
火曜休館 最終日は15:00まで。

『アート・ステージ・シンガポール2015』に出品

  • 2014/12/07

アート・ステージ・シンガポール2015に、ホワイトストーンギャラリーより出品します。
アート・ステージ・シンガポールは、世界29カ国の国や地域から130軒ものギャラリーが参加する、シンガポールでも最大規模の国際的アートイベントです。

会期:2015年1月22日~25日
会場:マリーナ・ベイ・サンズ・エキスポ&コンベンションセンター

『アジアン・カルチュラル・カウンシル(ACC)50周年記念 チャリティーサイレントオークション』に出品

『アジアン・カルチュラル・カウンシル(ACC)50周年記念 チャリティーサイレントオークション』に出品

  • 2014/10/25

アジアン・カルチュラル・カウンシル(ACC)50周年を記念し、ACCグランティや賛同作家、関係者より特別に寄せられた美術作品が展覧会形式の「サイレントオークション」にて販売されました。私はセゾン現代美術館からの要請で出品いたしました。

会期は2014年10月17日(金)~10月24日(金)
場所はヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル特設会場

主催:アジアン・カルチュラル・カウンシル50周年記念チャリティー事業実行委員会

『堤清二/辻井喬オマージュ展』(セゾン現代美術館)出品

『堤清二/辻井喬オマージュ展』(セゾン現代美術館)出品

  • 2014/07/05

偉大な実業家であり芸術家であった堤清二(セゾン現代美術館理事長)を追悼する展覧会『堤清二/辻井喬オマージュ展』が開催されます。私の収蔵作品も展示されています。

会期:2014年7月5日(土)~11月24日(月)
主催:一般財団法人セゾン現代美術館 

『自然学ー来るべき美学のために』出版

  • 2014/07/03

近年私は、自らの創作のキーワードでもある「自然学」という名の研究プロジェクトを立ち上げ、多くの方々に支えられながら約3年間活動してまいりました。このたびは京都のナカニシヤ出版の協力を得て、それらの展覧会やシンポジウムにおける研究の成果をまとめた本を出版する事になりましたので、ここにご報告させていただきます。デザインも手作りで、「自然学」のコンセプトブックのようなものになりました。全国主要書店で販売されますので、よろしくお願いいたします。

A5変形版 上製 208ページ 定価(本体3800円+税)山本和人+松本直美編 
岡田は序文と制作技術に関する論文の2本を掲載。作品図版も豊富にあります。
ナカニシヤ出版のホームページをご覧ください。

『第32回上野の森美術館大賞展』京都会場にて講評会開催

『第32回上野の森美術館大賞展』京都会場にて講評会開催

  • 2014/05/23

昨年に引き続き今年も上野の森美術館大賞展にて審査委員を担当しています。第32回の審査委員は千住博、土屋禮一、福王寺一彦、保科豊巳、山本文彦の各氏。今年の公募では760人から1102点の作品が寄せられ、厳正な審査の結果5点の入賞作品を含む238点の入選作品が決定しました。私は京都会場にて作品講評会を担当します。

会場:京都府文化博物館 
会期:5月27日(火)~6月1日(日) 

作品講評会の参加には申し込みが必要です。