ロンドン大学ジョン・レヴァック・ドレバーとの自然学コラボレーション制作風景

自然学日本展の中心的な企画である、サウンドアーチストのジョンとの制作風景を報告します。ジョンが琵琶湖の環境音と楽器の琵琶の音を音源に使っているので、インスターレーションとして、往時の琵琶法師の世界観を表現すべく、会場を河原に見立てました。琵琶法師の所作をまねて石住の儀式を行いました。会場が異世界へと変容しました。