国際学術交流プロジェクト『自然学/SHIZENGAKU』がDaiwa Foundation Award受賞

国際学術交流プロジェクト『自然学/SHIZENGAKU』がDaiwa Foundation Award受賞

  • 2011/11/26

私がプロジェクトリーダーとしてテーマを立案し、ロンドン大学ゴールドスミスカレッジ教員のDr Naomi Matsumotoの協力を得て推進している学術交流プロジェクト『自然学/SHIZENGAKU』がDaiwa Anglo-JapaneseFoundation(大和日英基金)の国際学術交流プログラムに応募した結果、Daiwa Foudation Award(大和基金賞)を受賞しました。このプロジェクトは成安造形大学の私とゴールドスミスカレッジ音楽学部所属のサウンドアーチストJohn Levack Dreverのコラボレーションを中心に、理論系教員4名を合わせた計6名による日英双方において展覧会と国際シンポジウムを開催するイベントです。2種類の芸術媒体(ヴィジュアルアートとソニックミュージック)と複数の批評的枠組み(理論と実践、日本と英国)がもたらす立体的な考察により、芸術と自然の関係を追求します。2012年度の4月、8月そして2013年の3月にイベントを予定しています。

『モノクロームー色彩の記憶』(高松市美術館)出品

  • 2011/11/07

高松市美術館企画2011第4期常設展『モノクロームー色彩の記憶』展に出品いたします。白と黒の世界でありながら色彩の微妙な味わいや繊細で豊穣な色めきが感じられる、5人の作家の作品42点が展示されます。出品作家は川口龍夫、山中信夫、他。会期は10月27日(木)~12月25日(日)です。岡田の作品は高松市美術館所蔵の「水辺33」です。ぜひご覧ください。12月11日にはワークショップ「大切な記憶を描く」を行います。レクチャーを交え、参加者一人一人の記憶のイメージを表現することを試みます。受講料は500円です。お申し込みは11月18日から。