講談社の雑誌『本』の2月号表紙に「水辺14」が掲載

講談社の読書人の雑誌『本』の2010年2月号の表紙に『水辺14』が掲載されました。そして、巻末付近には大原美術館館長の高階秀爾先生の「現代アートの現場から」という表紙作品を解説するコラムがあり、この作品について大変すばらしい、的確な内容のコメントを執筆してくださっています。ぜひ書店等にてご覧ください。発売は1月25日です。